先輩職員のメッセージ │ 税理士法人西川会計は北区、板橋区を中心に東京都、首都圏の会社設立、相続税、サロン経営等のご相談にのっています。

求人情報

前職は大手コンビニエンスストアのスーパーバイザーとして、地域のフランチャイズ店を監督していました。その頃の「誰かにアドバイスをする」という経験が、今の仕事に活かされていますね。より幅広い業種・規模のお客様に関われる現在の仕事に、とてもやりがいを感じています。
充実した研修体制以外にも、先輩や上司からの親身で丁寧なOJT指導や、専門分野を確立した部署からのサポートにより、安心して積極的にチャレンジできます。
経営者の方と、1対1で直接お話ができる仕事です。その緊張感も楽しいものですし、多くの成功&失敗談、人生訓などをお伺いすることで、自分自身、人間的にも成長が促されています。
経験者はもちろん、未経験でもチャレンジを応援してくれる職場です。だからこそ、ミスを恐れずに挑戦してほしい。そして、自分が挑戦したことを、たとえ失敗でも隠さずに伝えてほしいですね。そうすれば、周囲が必ずフォローしますから!一緒にチャレンジを重ねていきましょう。



元々は企業経理で勤めていましたが、もっと多種多様なお客様に、専門知識を応用して貢献してみたいと感じて会計事務所に転職。西川会計は、会計事務所としては2社目です。
ベテランから若手まで、バランスよく在職していてとても働きやすい職場ですね。 まず感じる前職との違いは、「強制的に勉強させられる事務所」ということ。 強制的と聞くと、ちょっとびっくりするかもしれませんね(笑)。ですが、お客様のことを真剣に考えて行動するほどに、勉強の時間を改めて作るのは難しいものです。
忙しいからこそ会社でプログラムを練り、学びの場へ送り出してくれる体制が整っています。お客様からは、本当に様々なご相談や質問が寄せられます。それだけにこちらも、専門家として幅広い知識を持つことが肝要です。研修は、そういった知識を得る絶好の機会になっています。 西川会計は、担当者がお客様の多様な場面で、インプットした知識を存分に活かしながら、お客様のブレーンとして多方面で貢献する機会にも恵まれています。幅広い税法や場面に携わり、グループ会社の専門家と連携して経験を積めるのは本当にありがたいです。
特別な人でなくて構いません。困ったときには相談し頼って下さい。弱音だって受け止めて、アドバイスしてくれる先輩ばかりですし、私もそうでありたいと思っています。



大学の商学部で税法について学び、知識を活かして働きたいと考えていました。大手資格の学校主催の就職面談会で西川会計に出会いました。大学卒業後の新卒として飛び込んできたことになります。私もスタッフの育成体制が整っていることに助けられました。
西川会計は女性スタッフも大勢活躍しています。産休や育休を取得して、職場に復帰する人も多く、実は私もその一人。2014年8月から取得し、昨年9月に復帰したばかりです。
復帰の際には、「以前のような外に出る仕事がいい?それとも内勤がいい?」 と希望を聞いていただきました。
私は現在、復帰直後ということもあり、担当10件と社内でのチームの皆さんのサポート業務と半々といった形で働いています。「時短社員」という子供の送り迎えに合わせた勤務時間で仕事ができ、子供の病気など、もしものときにもサポートしていただいてありがたい限りですね。
個々のライフプランや生活環境、希望をきちんと聞いてくれること。そして、できるだけそれに沿った多様性のある働き方を実現できること。こうしたことが、性別を問わずみんながイキイキと働ける力なのかな、と思っています。
業務面でも様々な税法や特例などに触れられる、大手企業のサブ担当として携わっています。経験の幅を広げるチャンスを頑張る人にどんどんくれる職場です。あなたにもぜひ、西川会計の良さを実際に体験してほしいと願っています!