所長メッセージ │ 税理士法人西川会計は北区、板橋区を中心に東京都、首都圏の会社設立、相続税、サロン経営等のご相談にのっています。

求人情報

こんにちは、税理士法人 西川会計代表の西川豪康(ひでやす)です。
開設から50年の歴史のある事務所で、現在は総勢85名が活躍しています。ですが、決してそれに驕ることはいたしません。なぜならいつになってもその瞬間瞬間に活躍している社員一人一人が会社の財産であり、すべてだからです。

当事務所では「決算事前検討会」を実施しています。担当者と社内の税理士・社労士・金融コンサルタントなど専門家、部門責任者で関与先をもっとよくするためにはどうすればよいか?をみんなで検討する会です。これにより関与先にはより質の高い決算診断と経営計画策定支援が行えます。そして社員には「みんなでサポートするよ」という安心感をもってもらい、よりレベルアップした提案力を身につけることが出来ます。

一人で全てを完結するのではなく、「一つの事をみんなで考える」それが社員をサポートすることになり、関与先へのサービスの向上につながるという考えを持っています。この業界では、自己完結型のスタイルに負担や不安を感じている方も多いかと思います。そんな方も、未経験の方も気持ちよく仕事が出来る環境を提供できる事務所です。

そら豆のような個性を尊重し、貴重な存在でありつづけます

そら豆のさやは空に向かって伸びる事から、そら豆と呼ばれます。
現在の世の中では1年中手に入る野菜ばかりの中、しっかりと旬の香りを伝えてくれる貴重な野菜のひとつになっています。
らいふ経営グループは、一歩一歩自分たちの早さで上を向いて伸びてまいります。そして、今時代に必要とされるモノを確実に捉え、皆様に旬をお届けするプロフェッショナルであり続けます。

「あなたの好奇心が自分を磨きます!」社員の自己実現を応援する4つの事業部

関与先の社長が社長業に専念できる環境を提供すること、そしてその意思決定をサポートする事が私たちの役目でもあります。そのため、5つの関連会社を専門部門として組織しています。関与先からより専門的な案件の依頼があった場合などは、監査担当者が専門部門と連携してこの案件にあたります。ここで注意したいのは専門部門と連携することは完全に任せてしまう事ではありません。あくまで担当者が指揮をとり、「コーディネーター」として関与先に助言・アドバイスなどの業務に関わることが大切です。関与先にとって「いつもそばにいる担当者」でいてほしいと考えています。

また、4つの事業部は、社員にとって自分のやりたい事を探せる環境を用意している意味も併せ持っています。経験を重ねれば色々やりたいことや、自分の進む方向性も見えてきます。毎年全員の面談を行って希望をとり、個人の考えを尊重し、事業部間の異動も受付ています。5年前からこの制度を導入していますが、数名がこの制度を利用し自己意識も高まっています。 

当事務所は「あなたの好奇心が自分を磨きます!」の考えのもと、社員一同がんばっています。