オリジナルミュージカル

ふるさときゃらばんの舞台はいつもオリジナル。
主人公となるのは、農村漁村の地域住民、あるいは大都市に暮らすサラリーマンとその家族たちです。作品の内容は、主に現在の人々の暮らしに取材したテーマやエピソードから練られてゆきます。カラフルで楽しいステージもミュージカルならではのもの。観客は、舞台で展開するストーリーにみずからの姿を重ね合わせ、心からの笑いと涙で共感し、登場人物といっしょに息づくのです。
公演実績
全47都道府県
1,001自治体
東京都23区381市104村で公演
上演回数:3,387ステージ
観客動員:340万人
(2003年9月21日現在)
旅する劇団

人口2000人足らずの村や町から、中小都市、そして東京・大阪などの大都市まで、ミュージカル上演を行います。セットや機材を積んだ大型トラックと、俳優たちを乗せた大型バスが連なっての全国ツアー。ペイントがほどこされたバスとトラックが走るさまは、まさにオモシロソー座のびっくり箱がやってくるようです。
生演奏

音楽演奏に録音テープを使う劇団もありますが、ふるさときゃらばんはいつでもどこでも生演奏。その地域らしい生活リズムに合わせたテンポと軽快な音色で舞台と一体となった、ライブ感覚のステージを作り出します。生のステージと生の演奏。2倍楽しめるのです。

ふるさときゃらばん 北区応援団